weblog

2005年08月09日

新環境移行

今朝5時にアクセスしたときはまだ旧環境だった。朝食を済ませて、朝9時過ぎにアクセスすると、私のブログの管理画面が変化していた。ようやく、新環境にデータ移行されていた。

seesaa BLOG や FC2BLOG への移行を真剣に検討し準備も進めてきましたが、livedoor Blog を今後も継続利用することに決めました。

これは、現在の画面デザインです。記念に掲げます。
  

これを機会に、デザイン変更しようかと思っています。

baysky at 10:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月11日

livedoor Blog 大規模リニューアル

livedoor Blog が大規模サイトリニューアルされる。

大いに便利に改善されるとのことですが、変更時点で致命的な大混乱が発生しないことを祈ります。

特に、カスタムデザインを使っているサイトで、レイアウトの混乱・破壊・大崩れが発生しないよう祈ります。

baysky at 07:20|PermalinkComments(0)TrackBack(9)

2005年03月09日

3カラム化 補足事項2


3カラム化を採用する場合に、タイトル部、左サイドバー、記事本文、右サイドバーの相互バランスを考慮することが肝要です。CSS設定に際して、内容(記事本体)/padding/border/margin が下図に示す関係にあることを理解しておくことが大切です。

box

baysky at 02:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月08日

3カラム化 補足事項1


livedoor Blog でも3カラム化を採用するサイトが増えた。
しかし、3欄相互の表示が不安定なサイトを見かけます。
次の記事が改善の参考になると思います。

3カラム化は形式で2種類に分かれる。すなわち、
  • case-1) 両サイドが固定幅で、真ん中の記事本文欄が可変幅:両サイドバーの表示が優先され、画面の有効幅に応じて真中欄の幅が伸び縮みする。
  • case-2) 3欄共に固定幅: 画面左に「お気に入り」など表示して画面の有効幅が狭くなると右サイドバーの右端から表示が欠けて行く。
zzgamens

上図のBLOGの場合、CSSのキーポイントは次のとおりです。

case-1) 両サイドが固定幅で、真中が伸縮(可変)幅

 #links {
        position: absolute;
        top: ZZpx;
        left: 0px;
        width: XXpx;

        ........
     }
 .blog {
        margin:ZZpx YYpx 0px XXpx;
        width: auto;

        ........
     }
 #links2 {
        position: absolute;
        top: ZZpx;
        right: 0px;
        width: YYpx;

        ........
     }

case-2) 3欄共に固定幅

 #links {
        position: absolute;
        top: ZZpx;
        left: 0px;
        width: XXpx;

        ........
     }
 .blog {
        position: absolute;
        top: ZZpx;
        left: XXpx;
        width: WWpx;

        ........
     }
 #links2 {
        position: absolute;
        top: ZZpx;
        left: (XX+WW)px;
        width: YYpx;

        ........
     }

case-1 にするか、case-2 にするかは各人の好みです。
上の数値設定を基準にして、多少加減すれば良いと思います。

baysky at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月09日

私のブログの第1号

平田大治・関根元和 共著「Movable Type標準ハンドブック」がインプレスから出版された。

Movable Type が懐かしい。私のブログの第1号は、2003/10/06 TOK2 に開設した「BaySky eNote」http://popup8.tok2.com/home2/BaySky/mt/ だった。enote031031当時の日本はブログがようやく注目され始めた黎明期だった。私は TOK2 に無料HPスペースを確保し、ブログツール「Movable Type 2.64」を活用し、田口和裕他著「ウェブログ入門」(翔泳社)を貪り読みながら、苦労して自分なりの blog を組み上げたものでした。

2004/01 このブログがシステムトラブルで非常に不安定になり、やむなく閉鎖しました。この頃から日本でも無料ブログサービスが乱立し始め、私もあちこちテスト試用で迷走の末、「livedoor Blog」 と 「楽天広場」の2本立てに落ち着き、今日に至っています。

baysky at 21:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月26日

デザイン(四面相)

トップページで、左上隅のBLOGのタイトル画像を、4種自動切換えにしてあります。意味はありません。単なるお遊びです。「四面相」です。

 
 
続きを読む

baysky at 09:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年02月13日

3カラム化(Non-Java)


(2005/02/15 全面改訂)
元祖 Non-Java 3カラム化 です。 JavaScript を使わずに 3カラム化 を実現する方法です。

(2005/04/19 追記:Windowsでは検証していますが、Macでは検証していません。)

livedoor Blog のサイドバーは、livedoorが用意する様々のプラグインを自分好みに配置して構成します。通常、3カラム化デザインではセンターに記事本体、その左右に「左サイドバー」と「右サイドバー」を配置します。

ここで、3カラム化は自己責任だと言うことを肝に命じてください。

サイドバーを左サイドバーと右サイドバーに切り分けるトリックは次のとおりです。
  • 左サイドバーに配置するプラグインの最後尾に上級者向けプラグイン「フリーエリア」を配置し、このフリーエリアの末尾に次の記述をする。これがキーポイントです。
    </div></div><div id="links2"><div>

  • この後に、右サイドバーのプラグインを配置する。

  • 管理画面の デザインの設定>スタンダード>CUSTOM で、THREE-COLUMNSデザインの為のオリジナルCSSを追加記述します。
    #links が左サイドバー、#links2 が右サイドバーを規定します。

  • 次はオリジナルCSSの追加/変更記述の一例です。サイドバー(#links, #links2)を固定幅、本文欄(#content blog)の幅を自動可変長(width:auto;)に設定している。
    各自の好みで改変してください。
       #content { /* 記事本文の有効領域 */
                   
       }

       .blog { /* 記事本文(コメント・トラバを含む)の有効領域 */
                   margin:120px 180 0 180;
                   width:auto;
       }

       #links { /* 左サイドバー領域 */
                   position:absolute;
                   top:120px;
                   left:0px;
                   width:180px;
                   margin:0px 0 0 0;
       }

       #links2 { /* 右サイドバー領域 */
                   position:absolute;
                   top:120px;
                   right:0px;
                   width:180px;
                   margin:0px 0 0 0;
       }

以上がトリックの全てです。

THREE-COLUMNS を実行される方々の参考になれば幸いです。



追記;2005/02/28
注 釈
質問:</div></div><div id="links2"><div> は何を意図しているか?
回答:次の意図があります。
<div>( プラグイン「フリーエリア」の本来の始端A )
  </div>( Aに対応する終端を演出 )
  </div>( #links[左サイドバー]の終端を演出 )
  <div id="links2">( #links2[右サイドバー]の始端を演出 )
  <div>( Bに対応する始端を演出 )
</div>( プラグイン「フリーエリア」の本来の終端B)


baysky at 22:18|PermalinkComments(75)TrackBack(75)

2004年01月01日

タマちゃん備忘録

タマちゃん備忘録 2003/03/09 〜 TODAY
タマちゃんのライブ映像 (国交省荒川上流河川事務所管理) です。以前はボート係留の秋ヶ瀬マリーナに焦点が当たっていましたが、2004年2月に武蔵野線鉄橋下辺りに焦点変更されました。混雑で接続に時間がかかる場合があります。 ( で閉じる )タマちゃんが映っているかどうかは時の運です。

北極圏を生息地とするアゴヒゲアザラシ1頭が、2002/9/12 以降、横浜市街地を流れる帷子川(かたびらがわ)の汽水域、神奈川県横浜市西区南浅間町尾張屋橋付近に長期滞在した。 海から約2,500メートル上流だ。

年末には 2002年新語流行語大賞 に選ばれた。 2003/02/12には タマちゃんに横浜市西区の特別住民票が交付された。 このまま、横浜に住み着く気配濃厚だった。

ところが、2003/03/11 捕獲騒動が発生、どうにか難を免れ、03/14 無事な姿を見せたが、その後消息不明となった。

2003/04/20 埼玉県越谷市東町5丁目の中川で、タマちゃん?らしきアゴヒゲアザラシが目撃された。 東京湾の荒川河口から約30キロメートル上流だ。
果たして 「タマちゃん」 なのか?

2003/05/04、約2週間振りに タマちゃん?らしきアゴヒゲアザラシが目撃された。 場所は 埼玉県朝霞市上内間木の荒川で、河口からは約34キロメートル上流です。 当時、赤い糸がついた釣り針が右目尻付近に刺さっていたが、05/11朝 目尻の釣り針は外れてなくなっているのが確認された。 この場所に係留されているプレジャーボート GRACE傾 の後方デッキがお気に入りの定宿になり、ここで休息する姿がしばしば目撃される。

抜け落ちた体毛のDNA鑑定で、横浜のアザラシと埼玉のアザラシが同一個体であることが確認されたとのこと。2003/08/06の日経記事参照。


時の運 》 




写真中央のプレジャーボートの後部デッキに注目!!!
左の写真(05/20 16:25) には黒い物体が・・・
これが 「タマちゃん」 です。
右の写真(05/20 16:55) には居ません。



左の写真(05/22 18:05) ではボートから離れて、水面に顔を出している。
右の写真(05/22 18:20) ではボートに這い上がる途中です。


こんなこと  2003/06/14(水) 07:05 、タマちゃんボートGRACE傾罎硫を5人乗りの競技ボート(舵手付フォア艇)が通り過ぎていった。 このときタマちゃんは不在だった。 もし居たら、どんな反応をしたのだろうか。 興味深い。

こんなこと  恒例のように、金曜〜月曜は姿を見せないことが多い。 2003/06/17(火) 07:58 、タマちゃんボートGRACE傾罎慮紊蹐坊故韻気譴討い織棔璽箸移動し、LiveCamera から消えた。 タマちゃんが戻ってきたら、どう反応するだろうか。 その日の夕方、タマちゃんよりも先にボートが戻ってきた。




こんなこと  2003/07/03(木) 07:25 、タマちゃんボートGRACE傾罎硫を1人漕ぎの競技艇(シングルスカル艇)が川上へ通り過ぎて行った。 このときタマちゃんは不在だった。 このあと、08:40頃GRACE傾罎慮緝凜妊奪にタマちゃんを見かけたが、直後姿を消した。 10:00頃にはまた戻っていた。 16:30頃見たときは不在だった。

こんなこと  2003/07/27(日)、タマちゃんボートGRACE傾罎猟掌紊離棔璽箸LiveCamera から消えて三日目になる。 朝、07:15〜08:10 タマちゃんボートの後部デッキとキャビンを行き来して何かをしている男性が映っていた。 昼過ぎ、いつもタマちゃんボートの直前に係留されていたボートがタマちゃんボートの直後に移動していた。 07/29(火)正午頃、タマちゃんボートで男性二人が何か作業していた。 同日 22:30 タマちゃんが数日振りに GRACE傾 に戻っていた。 それも束の間、07/30(水) 05:30 姿を消した。




こんなこと  2003/08/08(金)、朝9時前後タマちゃんボートで男性二人が作業していた。 午後 タマちゃんが一週間振りに GRACE傾 に戻って来た。

それも束の間、夕刻 6時 タマちゃんボートと後方ボートが画面から消えた。 さらに、夜8時には浮桟橋や残りのボートも全て画面から消えてしまった。 台風10号の前ぶれ豪雨で急増水し、安全のため避難したようだ。 最右は 08/09(土)早朝の映像。 今後のタマちゃんへの影響や如何に?


台風が去り、水位が戻り、08/10(月)夕刻 上流に避難していた浮桟橋が戻ってきた。18:20頃には GRACE傾罎睫瓩辰董△い弔發良景に復旧した。 19:20 タマちゃんが無事戻ってきた。 翌08/11(火)早朝も姿を見せていた。




こんなこと  2003/10/14(火)、昨日朝からタマちゃんボート(GRACE傾)がどこかに出かけてしまって、定位置に係留されていない。 タマちゃんが戻ってきたら戸惑うことだろう。 10/16夜ボートが戻ってきた。そして深夜タマちゃんも戻ってきた。


********************************************************************

タマちゃん備忘録 2004

tama0403101500s tama0403040458s tama0403101755

左:2004/03/10 15:00 タマちゃん不在
中:2004/03/04 04:58 タマちゃん存在
右:2004/03/10 17:55 水鳥が6羽 (タマちゃん不在)

写真の上端に写っているのが荒川に架かるJR武蔵野線の鉄橋です。この辺りは絶えず水位が変化(高低)しています。水位変化で川底が現れたり、消えたりしています。東京湾河口から約34km上流ですが、潮の干満の影響を受けているのだろうと思います。

上の写真でも、左右で水位の差が歴然としています。この辺りは水鳥の遊び場でもある。

北極圏を生息地とするアゴヒゲアザラシが、何故に日本の首都圏に棲みついてしまったのでしょう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


tama0403271720

2004/03/27 17:20
久し振りにタマちゃんを見かけた。
私がタマちゃんを見かけたのは、これが最後になりました。
(国交省荒川上流ライブカメラ)

********************************************************************



-埼玉 タマちゃん 詳報 

--荒川に現れたアザラシについて : 国交省・荒川上流河川事務所

--特集:タマちゃん情報 : NIKKEI NET (日本経済新聞社)

--中川に現れたアザラシについて : 国交省・江戸川河川事務所

-横浜 タマちゃん 詳報 

--神奈川県横浜治水事務所: アザラシに関する記録 02/09/12-03/04/18

--神奈川新聞 WEB : 「タマちゃん日記」

--国土交通省京浜河川事務所: 多摩川・鶴見川に現れたアゴヒゲアザラシ

--TBS News-i : タマちゃんの肖像 (ビデオ映像)

baysky at 02:44|PermalinkComments(0)TrackBack(1)