2009年10月12日

野村監督(楽天イーグルス)



今年、楽天イーグルスは素晴らしい成績(パ・リーグ2位)をあげた。
野村監督の采配とコーチ陣、選手の行動が上手く呼応し、開花した。
「愛されるチーム」、そして「強いチーム」の両方の目標を実現した。
野村監督の功績が大きいことは明々白々です。

にも拘らず、
優勝もありえた最終楽章で、
最高責任の島田亨オーナー兼社長が
忌わしい不協和音を掻き鳴らすとは一体全体何事か!!!
野村監督に対する球団経営陣の応接・処遇は何たることか?!

いざ、待ちに待ったCS戦!!という大事な時期に臨んで、
球団経営陣の心無い、そしてファンの心情を逆撫でする動向が
野村監督の背後からいきなり無言で冷や水をぶっ掛けたに等しい。

島田亨オーナー兼社長は人の道に外れること、甚だしい。
無礼千万、この上なし。打ち首にされるべきは島田の側なり。

古い記事だが、nikkei BPnet に、
楽天イーグルス創業当時の
楽天野球団 三木谷浩史オーナーおよび島田亨社長の
球団ビジネスに賭ける真摯で熱烈な思い(?)が紹介(下記)されている。

今回の球団側の所業は、この「真摯で熱烈な思い」とは全く矛盾する。真逆である。
「真摯で熱烈な思い」は真っ赤なウソだったのか?!

連載22回の大作です。読破は一苦労です。
  nikkei BPnet
  楽天イーグルス立ち上げ奮闘記
  楽天野球団 三木谷浩史オーナー・島田亨社長
  2005年9月26日 〜 2005年11月30日
  目次はこちらを参照してください。


baysky at 22:35│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字